読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旬刊わかる合気・できる合気術

51歳から始めた合気柔術の修行の様子、技の進歩、停滞、試行錯誤、考察を書き連ねていきます。

合気を、なぜ習う。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

 ↑

記事が面白かったら
ボタンのクリックをお願いします。
お気持ち感謝申し上げます。

 

気功の世界にいた私にとって、合気を習う動機は以下のものである。

 
⚫︎合気と気功の関係を見極めたい。
⚫︎気功でのリラックスはある程度できるようになった。それを日常的なものとしたい。それならば、人に技をかけるという極端な場面でもリラックスしていなければいけない合気柔術が最適だろう。
⚫︎なんとなくで伝えられているように思える合気というものをできるだけ言語化して伝えられるように、様々に言われているものを試してよりよい表現を見つけていきたい。
⚫︎以上が実現できれば対人関係で悩む人々の何らかの助けになることができるだろう。
 
あっ、大事な動機忘れてた。不思議大好き武術オタクだから、こんな不思議なこと出来たら面白いじやない!という事。
 
 
塩田剛三先生のかっこいい姿。どんなビデオを見てもご自分の技を合気として教えていらっしゃる様子がない。
 
f:id:hironaoshi:20161117212526p:image